スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<トラック>ガードに衝突、荷台扉が対向車直撃 男性死亡(毎日新聞)

 15日午後4時半ごろ、埼玉県上尾市原市の市道で、2トントラックがガード下を通過しようとしたところ、荷台上部が入り口のコンクリートに衝突。弾みで横開き式の荷台の扉が開き、前から来た東京都足立区西新井栄町1、会社員、湯沢清美さん(58)の乗用車にあたり、湯沢さんは頭を打って即死した。県警上尾署はトラックを運転していたさいたま市北区東大成町2、運送会社員、谷内祐介容疑者(25)を自動車運転過失致死容疑で緊急逮捕した。

 上尾署によると、ガードは高さ制限3メートルだったが、荷台は3.56メートルあった。扉は荷物を横から積み下ろしできるように、全体が羽のように両側に開く構造。右側が湯沢さんの車の前部に衝突し、車は屋根がはぎ取られた。谷内容疑者は「急いでいて、いつもと違う道を通った」と供述しているという。【稲田佳代】

太蔵氏、巣鴨で“地蔵遊説” 参院選へ高齢者に訴え(スポーツ報知)
世界遺産、地元出身を明記…参院選ご当地ポスターでPR(産経新聞)
<消費税>菅首相10%言及、閣内に亀裂も(毎日新聞)
首相動静(6月15日)(時事通信)
北教組、変わらぬ政治没頭(産経新聞)

医療刑事裁判の適正化には「過失」の明確化を―日医総研(医療介護CBニュース)

 日本医師会総合政策研究機構はこのほど、医療刑事裁判の適正化を図るためには、刑法上での医療の「過失」概念を明確化すべきとするワーキングペーパー(WP)を公表した。

 WPでは、医療事故での医療従事者の刑事責任のあり方を論じるに当たり、医師に刑罰を科すことが適切かどうかを十分に検討する必要があると指摘。医師に罰金刑を科しても教育的効果は乏しく、また、常に危険と隣り合わせの医療現場では、医療事故が不可避の場合や、リスクのある処置をしなければ救命できない場合もあり得るとの認識を示した。その上で、刑罰の厳罰化は医師を適切な医療行為から遠ざけかねないとの懸念を示し、「医療事故を刑事訴追するためには、事案についての十分な考察が必要」としている。

 また、医療の特殊性として、▽医師に応召義務がある一方で、医療は不確実▽医師の従うべき規範が明確に示されない▽治療困難な患者に対しても医療が必要▽医学は常に未解明の部分を含んでいる▽常に医療水準にかなった医療を提供するのは困難―の5点を挙げた上で、医療事故での刑事責任の追及について、「医療は人間の生命・身体を対象とする以上、本質的に不確実なものであり、合理的な疑いを容れない程度にまで立証が求められる刑事裁判にはなじまない場合が少なくない」と結論付けている。

 その上で、医療刑事事件で「過失」をどう解すべきかがあまり論じられていないと指摘し、刑法が医療での「過失」を明確にできなければ、医療現場の不安は払しょくされないと問題視。「過失」の範囲を制限する実体法的な法解釈の重要性を指摘している。
 また、刑法の過失概念が不明確で、検察官による適切な訴追裁量が期待できない状況では、医療事故が安易に刑事事件化しないための手続き上の工夫がなされることが望ましいと指摘。医療事故の真相を究明する制度や、医師の資質を担保する制度などの必要性を強調している。


【関連記事】
死因究明のモデル事業、見直しの方向性を提示
医療事故で賠償できる医療費の設定を
昨年の医療事故関係の届け出など152件−警察庁
刑事処分の「後追い」でない行政処分システムを−医療事故で日医
医療事故の法的責任、行政処分のあり方含め検討を−医療安全推進シンポ

牛・豚肉卸値、平年並み=口蹄疫、影響せず―農水省調べ(時事通信)
<シンドラー社>港区が損賠請求へ エレベーター交換費など(毎日新聞)
司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
株主優待・単元変更速報(変更:7622、8939)
新首相なりすまし頻発、ツイッターやらないのに(読売新聞)

たちあがれ、比例で杉村太蔵氏擁立(産経新聞)

 たちあがれ日本は3日、参院選比例代表に杉村太蔵前衆院議員(30)を擁立すると発表した。杉村氏は平成17年の衆院選に自民党公認で比例代表南関東ブロックから出馬、最年少の26歳で初当選した。「小泉チルドレン」の代表格として知られたが、昨年の衆院選では出馬を見送っていた。

【関連記事】
杉村太蔵氏、「たちあがれ日本」で参院選出馬へ
舛添新党警戒 人材育成が主目的という「勉強会」本当の狙い
民主“女タイゾー”の磯谷氏、歳費230万円にビックリ
タイゾーになるな!緊張の民主新人勉強会
チルドレンの明暗くっきり…小泉元首相「総裁もいろいろ」
「はやぶさ」帰還へ

職質逃げ追跡の車、救急車と衝突 未明の大阪(産経新聞)
「潮来花嫁さん」の衣装、あやめまつりの街彩る(読売新聞)
金閣寺に63面の障壁画 岩澤重夫氏の遺作(産経新聞)
証取法違反罪で公認会計士の有罪確定へ 最高裁(産経新聞)
民家に侵入の消防士、窃盗容疑で逮捕 大阪・貝塚(産経新聞)

認知症の電話相談窓口を設置―千葉県など(医療介護CBニュース)

 千葉県と千葉市は5月27日、「ちば認知症相談コールセンター」を開設した。認知症患者の家族を支援する施策の一環。

 県と市の委託事業として、社団法人「認知症の人と家族の会」の千葉県支部が受託した。電話相談には、相談経験が豊富な認知症の介護経験者などが応じる。看護師などによる面接相談も予約制で行う。

 県は既に、認知症対策として千葉県医師会と連携し、認知症サポート医を養成する研修と、かかりつけ医の認知症への対応を向上させる研修を実施。また、各市町村の地域包括支援センターで、認知症介護経験者や市町村の専門家による家族のつどいが開催されている。

 電話相談は月、火、木、土曜日の午前10時から午後4時まで。面接相談は原則金曜日。電話番号は043(238)7731


【関連記事】
「口におしぼり」虐待の特養、千葉市が行政処分
厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など
独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市
「認知症加算」、85%が算定―千葉県内のケアマネ事業所
千葉の光洋会が民再法の適用申請、双樹会に連鎖

社民党、署名に応じない方針確認 普天間問題(産経新聞)
<新党改革>衆院小選挙区制見直しを提言 舛添代表(毎日新聞)
バンコクで邦人2人逮捕=日本への不法入国手助け容疑も(時事通信)
<地震>沖縄県大東島で震度4=午後5時53分(毎日新聞)
<南アW杯>警備に4万人、でも効果未知数 開幕まで17日(毎日新聞)

不当に低い人事評価で昇給遅れ、小学校教諭勝訴(読売新聞)

 不当に低い人事評価を受けて昇給が遅れたとして、東京都世田谷区立小学校の男性教諭(57)が、都や区を相手取り、都人事委員会による昇給延期措置の取り消しなどを求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。

 青野洋士裁判長は「授業を継続的に観察せずに誤った評価をした」などとして、措置の取り消しと慰謝料など約13万円の支払いを命じた。

 原告側の代理人弁護士によると、人事評価の誤りを認めた判決は異例という。

 判決によると、教諭は同区が運営する神奈川県三浦市の病弱児向けの教育施設に勤務していた2004年度に5段階のうち下から2番目の「C」評価を受け、定期昇給が3か月間遅れるなどした。教諭は05年8月、都人事委員会に昇給を延期しないよう求めたが、08年3月に棄却された。

 判決は、同施設側が教諭の授業を2回しか見ていないと指摘し、「授業の進め方に問題がある」などとした評価は誤りとした。教諭が校長の面接指導を受けるなど精神的苦痛を受けたと認めた。

 教諭の請求を退けた同委員会の判定についても「事実把握が不十分」とした。判決後、同委員会は「判決内容を精査し、対応を検討していきたい」とのコメントを出した。

<ケイマフリ>“海のカナリア”根室沖を悠々と 北海道(毎日新聞)
もんじゅ また警報数回 原因調査始める(毎日新聞)
平野長官、東国原知事と会談 口蹄疫「後手批判」取り繕う狙い(産経新聞)
普天間問題で首相、改めて「5月末までに決着する」(産経新聞)
<国家公務員>新規採用 キャリア2割減 地方機関は8割減(毎日新聞)

<亀井金融相>郵政改革法案巡り、岡田外相とバトル(毎日新聞)

 郵政改革法案を巡り、国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相と、岡田克也外相がバトルを演じる一幕があった。

 発端は亀井氏。「外務省は米国務省の分局だ」と11日の記者会見で、激しい外務省批判を展開。「国益を考えず、米側の主張をそのまま押し付けてくる」との主張で、「閣議決定の日まで『民業圧迫』と称して手足を縛りに来る」と強調した。

 亀井氏や外務省によると、ゆうちょ銀行の預け入れ限度額や競争の公平性について同省が内閣府に法案の一部修正を申し入れたという。

 これに対し、岡田氏は記者会見で、法案修正の指示は認めたものの、「(修正しないと)世界貿易機関(WTO)に提訴される可能性があった。米国が言ったからというより、国際貿易のルールだ」と反論した。

 ただ岡田氏は「閣議前に亀井さんと普天間の話はしたが、そういう発言はまったくなかった。どうせなら直接言っていただければ」とも指摘した。【中井正裕、吉永康朗】

【関連ニュース】
普天間移設:亀井氏「くい打ち方式案は困難」
亀井郵政担当相:「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に
亀井担当相:内閣法制局を訪問 郵政改革法案作りで激励
国民新党:亀井静香氏が代表に 落選の綿貫氏は最高顧問に
与謝野氏離党:谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」

草むらに50歳男性の変死体、靴は18m先で発見(読売新聞)
首相動静(5月10日)(時事通信)
中国大使に抗議=海保測量船の追跡で−岡田外相(時事通信)
東京都心で震度3(時事通信)
分別進み排出量減 思わぬ影響 環境意識高まり、ごみ発電減少(産経新聞)

裁判長「和解が望ましい」B型肝炎訴訟、大阪でも方針提示(産経新聞)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者や遺族68人が国に計約22億5千万円の損害賠償を求めたB型肝炎訴訟の口頭弁論が23日、大阪地裁で開かれ、田中健治裁判長は「早期の和解解決が望ましい」との考えを示した。係争中の全国10地裁のうち、札幌地裁と福岡地裁が3月に和解勧告を出しており、和解の方針が示されるのは3例目。

 全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団は「和解解決以外ありえないことが一層明らかになった。国が一日も早く和解を実現させることを求める」とする声明を発表した。

 国側は5月14日までに和解協議に応じるかどうか判断するとしている。

【関連記事】
「和解による解決を」B型肝炎訴訟原告団らが首相に請願書
B型肝炎訴訟、広島など7地裁に追加提訴
B型肝炎訴訟 10地裁で初の和解勧告 札幌地裁「救済範囲を広く」
「350万人超への朗報」 肝炎3団体会見
B型肝炎訴訟で初の本人尋問「安心できる治療施策を」

日本医師会宛の鉢植え発火 職員を書類送検(産経新聞)
沖縄の負担、国民が分担を=普天間問題で鳩山首相(時事通信)
松本清張賞に村木嵐さん(時事通信)
17年前にも「創新党」 小沢氏ら、新生党旗揚げ時に検討(産経新聞)
首相、徳之島1万5千人集会は「一つの民意」(読売新聞)

<都営バス>乗用車が追突…運転者は心肺停止 東京・足立(毎日新聞)

 17日午後0時10分ごろ、東京都足立区新田1の路上で、停車中の都営バスに後ろから来た乗用車が追突。警視庁によると、乗用車を運転していた60代の男性が心肺停止状態で、同乗の孫の女児もけがをした。バスの乗客約40人のうち5人も軽いけが。【山本太一】

普天間 徳之島移設案を民主党鹿児島県連に伝達へ 政府(毎日新聞)
仕分け対象の独立行政法人と事業(1)(産経新聞)
3万6000円のマラドーナのトレカ盗み逮捕 栃木(産経新聞)
<火災>鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡(毎日新聞)
<雑記帳>猿撃退に虎のぬいぐるみ 愛知・岡崎(毎日新聞)

<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)

 フランス・カンヌで5月に開催される「第63回カンヌ国際映画祭」で、15日、コンペティション部門の出品作が発表され、日本からは北野武監督の新作「アウトレイジ」が選ばれた。

 「アウトレイジ」は北野監督が主演。やくざ社会を舞台に、金と権力をめぐる男たちの攻防を描いたバイオレンスアクション。

 映画祭は5月12日に開幕する。最高賞の「パルムドール」など賞の結果は、最終日の23日に発表される。

【関連ニュース】
北野武さん:初の展覧会、パリで
北野武:「十何年ぶり」北村総一朗も“極悪11人” 7年ぶりバイオレンス「アウトレイジ」完成
「チェイサー」ナ・ホンジン監督に聞く 連続殺人鬼と元刑事の追跡劇、迫力の演出
北野武:次回作は「大物だけ、ギャラ一律で」 ポカリスエット新CMに「恥ずかしい」
銀幕閑話:第244回 アジアに羽ばたくグレゴリー

宮崎県の官製談合、前知事側の控訴棄却(読売新聞)
「飲み食いに困って…」焼き鳥店から焼き鳥とおにぎり盗む 伊豆・大島(産経新聞)
<中尊寺>僧侶逮捕 女子高校生にみだらな行為した疑い(毎日新聞)
<出水市長選>渋谷氏が再選 鹿児島(毎日新聞)
船体に赤い塗料 妨害つめ跡 調査捕鯨母船が帰国(産経新聞)

普天間飛行場の補修工事完了=嘉手納移転機の運用再開−沖縄米海兵隊(時事通信)

 在沖縄米海兵隊基地司令部は12日、普天間飛行場(宜野湾市)の滑走路の補修工事が完了し、嘉手納基地(嘉手納町など)に一時移転させていた空中給油機など固定翼機の普天間飛行場での運用を再開したと発表した。
 普天間飛行場は1月10日から滑走路のコンクリート部分の交換などの補修工事が行われていた。補修工事は2005年以来。一部には、今回の補修工事について、米側が同飛行場の永続使用を念頭に置いた措置とする見方もあるが、同司令部は「定期的な改修工事で、経時劣化や日常使用による摩耗に対応するために必要不可欠な整備」としている。
 普天間飛行場移設問題をめぐっては、これまでに政府・与党の一部で嘉手納基地への統合案が浮上した経緯があり、同基地の地元の嘉手納町と北谷町の両議会は、固定翼機一時移転に相次いで抗議決議と意見書を可決。同司令部は一時移転について「普天間の運用を嘉手納へ統合する実現可能性を示唆するものではない」と強調していた。 

【視点】日本の宇宙開発 有人計画、戦略練る転機(産経新聞)
【高速道路新料金割引】上限料金、NEXCO系は軽1000円から大特1万円(レスポンス)
<国交省>航空検査機の窓ガラスひび…2度の飛行中に(毎日新聞)
<自民>園田氏の後任に河野氏(毎日新聞)
<選挙費用>未払いのまま連絡取れず…落選の国民新党候補(毎日新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵
2ショットチャット
携帯ホームページ
審査 甘い キャッシング
出会いランキング
主婦 融資
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
  • <トラック>ガードに衝突、荷台扉が対向車直撃 男性死亡(毎日新聞)
    ふにゃバット (06/01)
  • <トラック>ガードに衝突、荷台扉が対向車直撃 男性死亡(毎日新聞)
    ちい (05/27)
  • <トラック>ガードに衝突、荷台扉が対向車直撃 男性死亡(毎日新聞)
    ソルバルウ (01/03)
  • <トラック>ガードに衝突、荷台扉が対向車直撃 男性死亡(毎日新聞)
    サキューン (12/29)
  • <トラック>ガードに衝突、荷台扉が対向車直撃 男性死亡(毎日新聞)
    こういち (12/24)
  • <トラック>ガードに衝突、荷台扉が対向車直撃 男性死亡(毎日新聞)
    ポリエモン (12/20)
  • <トラック>ガードに衝突、荷台扉が対向車直撃 男性死亡(毎日新聞)
    ゴンボ (12/18)
  • <トラック>ガードに衝突、荷台扉が対向車直撃 男性死亡(毎日新聞)
    ちんたまん (12/05)
  • <トラック>ガードに衝突、荷台扉が対向車直撃 男性死亡(毎日新聞)
    さもはん (11/27)
  • <トラック>ガードに衝突、荷台扉が対向車直撃 男性死亡(毎日新聞)
    しゅうじん (11/22)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM